MENU

感動夜景

デジタルカメラの仕組み

デジタルカメラが普及し、フィルムカメラを持ち歩く人は今ではほとんど街中でも見かけなくなりました。 小生もデジタルカメラからカメラに入った世代で、フィルムカメラの経験はほとんど無いほどです。 ここではご存じの方も多いとは思いますが、デジタルカメラの仕組みをあらためて解説したいと思います。

デジタルカメラとは画像をデジタルデータで記録するカメラ

デジタルカメラは「撮像素子で撮影した画像をデジタルデータとして記録するカメラ」と位置付けられており、フィルムカメラとは異なって、SDカードやコンパクトフラッシュなどの記録メディアにデータとして画像情報を記録します。

小生が夜景撮影を始めた2003年頃は夜景関係者の間でもデジタル派・フィルム派に分かれており、フィルムの一眼レフで夜景を撮影していたカメラマンも少なくは無かったです。ところが、2010年頃にはほぼ全ての夜景関係者がデジタルカメラで撮影していました。デジタルカメラの方が初期導入コストはかかりますが、現像などのコストや手間を考えるとデジタルカメラの方に軍配が上がるからでしょう。

デジタルカメラによる写真撮影の流れ


  • 被写体に向けて
    シャッターを押す

  • レンズが光を取り込む

  • 撮像素子が光を
    電気信号に変換

  • 画像処理エンジンで
    電気信号をデータに
    変換

  • データをメディアに記録

フィルムカメラによる写真撮影の流れ

フィルムカメラの場合は「被写体の光」→「レンズが光を取り込む」→「フィルムが化学変化を起こす」→「現像」という流れになっています。フィルムカメラの方が流れとしてはシンプルになりますが、フィルム代と現像代のコストがかかるのが難点でした。


現在、ほとんどの主要メーカーはフィルムカメラの開発を中断しています。デジタルカメラ用の記録メディアも価格が下がり、大容量なメディアも安価で購入できるため、コストの観点を含めフィルムカメラを導入する理由はほとんど無いように思います。最近はスマートフォンの急速な普及によりコンパクトデジカメのニーズが下がり、一部のメーカーではコンパクトデジカメの開発を中断しているようです・・・

ゼロから学ぶ工場夜景写真術

夕景・夜景撮影の教科書

技術評論社

夕景・夜景撮影の基本から応用テクニックまで解説するガイドブック。 「気象」「場所」「機材」「技術」の4つのポイントを詳しく解説し、定番のジャンルから光跡・多重露光・手持ち撮影・RAW現像まで幅広くレクチャー。2017年11月22日発売。

全国の書店にて予約受付中!(2,178円・税込)

詳細はこちら